アロマセラピーは日本においてリラックスの手段というイメージを持つ方が多いですが、海外では医学や薬学に匹敵するほどの療養手段として認識されています。病院や薬局での治療手段とは異なり、体への負担が極めて少ないのが特徴です。日本でも徐々に注目が集まっていて、リラクゼーションサロンやマッサージサロンにてアロマセラピーを導入するところが増えています。それに伴い、アロマスクールに入って知識や技術を身につけようとする方も増加中です。これからも需要が高まり続けることが予想される分野でもあります。もし、最終的にアロマセラピーに関する職場に就職しなかったとしても、日常生活でその知識や技術を活かすことができます。まさにどんな生活を送るにしても無駄にならない能力といえます。

スクールに通う上での目的意識とは

アロマセラピストになるための国家資格は存在しません。ただ、民間団体による独自の資格があるので、そちらがアロマセラピストとしての実力を測る指標となっています。アロマセラピーに関して学ぶには専門の設備が必要となるので、アロマスクールに通うことがベターと言えます。資格を取得していなくてもアロマセラピーを取り扱うことは可能ですが、やはりサロンで働く上で資格を持っていることは有利となるので取得しておくことをお勧めします。アロマスクールを通う目的の多くは資格取得となっており、より確実に資格を取得できるところを選択することが大切となります。もちろん、資格を取得するだけで就職が確定するわけではないので、就職先を用意してくれるスクールを選ぶことも重要と言えます。

アロマの資格の種類とその特徴について

アロマセラピストの資格にはいくつかあり、どれの取得を目指すのかによってスクールの選び方にも影響します。最もオーソドックスな資格と言えるのがアロマテラピー検定です。特に1級はアロマセラピストとして働く上で有用ですが、日常生活で使用する程度なら2級取得を目指すのがお勧めです。他にもアロマテラピーアドバイザーやアロマテラピーインストラクターといった資格が存在します。アドバイザーはアロマの取り扱いを把握しているかどうか、インストラクターはアロマに関する啓蒙や指導が行えるかという観点になっています。インストラクターになるにはアドバイザーになっておくことが必須の条件です。アロマトリートメントが行えることを示すアロマセラピストの資格も取得を目指す方が多いです。